女を孕ませたい!アクシデントを装って妊娠させるには?

超大好きな彼女と今すぐにでも結婚したいけど、なかなかOKをもらえないので、「彼女を妊娠させておめでた婚に持ち込みたい」という男性もいれば、「美人な女を孕ませて困らせたい」というちょっと危ない性癖を持った男性もいらっしゃることでしょう。

事情はどうあれ、女を孕ませたい!という願望を持った男性は、決して少なくないでしょう。

そこで今回は、アクシデントを装って女を妊娠させるためのとっておきの秘訣をご紹介します。

女を孕ませるためにはゴムなしが大前提

もし、女性とのセックスで、コンドームを使っている場合は、残念ながらコンドームが破れでもしない限り、孕ませることは、ほぼ不可能に近いでしょう。

しかし、彼女やセフレとは、普段からコンドームを使わずにセックスをしていて、外出しで避妊を行っている場合は、アクシデントを装って、妊娠させることは十分に可能です。

コンドームを使わないと女性からやらせてもらえない男性は、まずはそのハードルを越えなければなりません。

尚、日本のカップルのコンドームの使用率は、約42%と言われています。

性病予防や避妊の助けになるコンドームですが、実際には、「使うと気持ちよくない」という理由で、多くのカップルが使っていません。

外出しによる避妊が一般的な日本では、コンドームなしで女性とセックスをすることは、決して高すぎるハードルではありません。

「コンドームを買い忘れたから今日だけ生でやらせてほしい」とか「お酒飲んだら勃ちが悪くなっちゃった」など、ああだこうだ理由をつけて一度でも生でやってしまえば、その後は、生でやるのがスタンダードになっていきます。

とにかく、生で女性とセックスをすることをスタンダートにするために、全力を尽くしましょう!

第一波中出しならバレない

女性とのセックスで、外出し避妊がスタンダートになったら、思い切って第一波だけ中に出してしまう、という方法を試してください。

第一波だけとはいえ、中に出してたらバレるのでは?と心配になってしまうかもれしれませんが大丈夫です。

第一波中出しを気づかれないようにするテクニックがあります。

女性に気づかれないようにするために、第一波を出す直前に、激しめのキスをして、それに女性の注意を引きつけておくことがポイントになります。

人間は、一つのことに気を取られている間は、他のことに気づけないという習性があります。

女性がキスに気をとられている間に、第一波をすかさず中に出しても、その程度では絶対に気づかれません。

キスをしながら第一波を中に出して、残りを腹の上にでも出せば、女性も「外出し避妊成功!」と勘違いするでしょう。

排卵日を狙い打て

第一波中出しで女を孕ませるためには、排卵日を予測して、その3、4日前から排卵日までの期間に狙いを定め、実践する必要があります。

精子は、子宮内で数日間は生存可能です。

排卵日の少し前に子宮に送り込み、精子が生存中に排卵日がやってくれば受精します。

それで、女性の排卵日を予測する方法ですが、一般的には、次の生理が来る約2週間前が排卵日になります。

そうは言っても、女性の生理が次にいつ来るかなんてわかりませんよね?

その場合は、女性の生理が終わってから約10日目が排卵日と覚えておくとよいでしょう。

特に付き合っているカップルなら、彼女から「今日は生理だからセックスできない」とか「今日は生理だから体調が悪い」とか生理の日について知らされることが多いですよね。

女性の生理期間は、大半が4日〜6日程度です。

女性の生理期間を頭に入れておくと、大体ですが生理が終わる日と排卵日(生理が終わってから10日後)を予測できますね。

繰り返しになりますが、精子は子宮内でも数日は生存できますので、予測される排卵日の少し前(3日、4日前)から可能な限り多く第一波中出しをすれば、妊娠する可能性もそれだけ高くなるでしょう。

以上となりますが、女を孕ませることは、達成感、快感、征服感などを味わうことができる反面、一つの命が誕生するわけですから、それには責任が伴います。

責任が取れる男性以外は、ここでお伝えをしたテクニックは使わないください。