女をいかせるならクリトリス攻めが一番!どんな攻め方がある?

女をセックスでいかせることができるか否かは、クリトリスの攻め方のよしあしに大きく左右されるといっても過言ではありません。

毎回、女を確実にイカせたいのであれば、やはりクリトリスを攻めるのが一番です。

クリトリスを攻める重要性と攻め方について、これから一緒に見ていきましょう。

女性にとってクリトリスは最大の性感帯

女性の身体には、多数の性感帯が存在しています。

その中でやはり最大の性感帯は、クリトリスです。

実は、膣内の挿入でオーガズムに達する、すなわち中イキを経験したことがある女は、全体の2割程度です。

天国に行ったことがある女の全体の8割は、クリトリスの刺激でオーガズムに達する、いわゆる「クリイキ」なんです。

そのくらいクリトリスは、刺激を受けると快感を感じやすいパーツなのです。

ただ、クリトリスさえ刺激すれば、簡単に女をいかせることができるのか?というと、そうではありません。

やはりそこは、刺激する方法、すなわち、攻め方が重要になってきます。

クリトリスはこう攻めよう!

クリトリスを攻め、女をクリイキさせるには、以下が重要なポイントになります。
1.焦らして攻める
いきなりクリトリスを刺激するのは、あまりにも時期尚早です。

フルコースでいきなりメインディッシュが出てきたら、がっかりしますよね。

いきなりクリトリスを刺激することは、それと似たような気分を女性に味合わせることになります。

他の性感帯(耳、首、乳首、腹部、太ももの)を十分に攻め、女性が気持ちよくて、もう我慢できなくなるくらい、焦らして焦らして焦らしきった後に、ようやくクリトリスを攻めるのがコツです。

焦らすだけ焦らした後に、クリトリスを刺激した途端にイってしまう女性も少なくありません。
2.舌を使って攻める
女性からサービスをしてもらっている時に、舌を使って性感帯を攻められるのは、手や指で攻められるよりも数倍気持ちいいですね。

そんな舌を使ってクリトリスを攻めたら、女はひとたまりもありません。

舌の先端でクリトリスを上下左右に優しく転がすように刺激すれば、大半の女性は5分も経たずにイってしまうでしょう。

事情があって舌を使えない場合は、中指の腹に唾液をつけて滑りをよくしてから、クリ連打でもそれなりに気持ちよくさせることはできますが、それでも舌にはかないません。

中とクリトリスを同時に攻めれば気持ちよさ2倍

クリトリスを舌で攻めるだけではいかない女性には、膣内を指で攻めながらクリトリスを舌で攻める、という方法がおすすめです。

これは、少し難易度の高い技ですが、中指を膣内のGスポットと呼ばれる場所に当て刺激しながら、舌でクリを舐め転がすと、凄まじい快感を味わせることができます。

この技は、AV男優のしみけんさんが考えたことから、しみクンニなんて呼ばれていますね。

しみクンニでいかない女性は、かなり少ないでしょう。

ピンクローターでクリトリスを刺激すれば100%いく

何をやってもいかない女性には、ピンクローターを使いましょう。

ピンクローターを使ってクリトリスを攻めて、いかない女性はいません。

イキ率100%とお考えください。

ピンクローターの振動を甘く見てはいけません。

人の力では、到底生み出すことができない、まさに神業とも呼べる振動を生み出すピンクローターをクリトリスに当てれば、女性は簡単にイってしまいます。

ただの機械ごときにいかされるという屈辱や羞恥心が女性の快感をあおりにあおり、その乱れ方は、まさにハンパないです。

女性が感じているかを確認するには?

クリトリスを攻めれば、それでOKというわけではありません。

女が感じていなければ、攻めている意味がありませんね。

しっかりと感じているかどうかをチェックしましょう。

クリトリスは、男性の息子と同じで、感じると勃起します。

これをクリ勃起なんて言います。

クリトリスを触ってみて、硬くなっているなら、間違いなく感じている証拠です。

以上となりますが、クリトリスは、女性にとって最大の性感帯です。

そこを攻めないのは、もったいないです。

女をクリイキさせて、満足させてあげましょう!

PS.しみクンニのやり方も含め、女性を満足させるセックスのやり方を動画で学びたいなら、しみけんさんのセックステクニックDVD(快感制覇)がおすすめです。